古代壁画の時代から、絵画には視覚的に得られた情報の記録が本質的な意味として与えられてきました。 1800年代の写真技術の登場で、芸術的な意味を除いて、絵画は視覚記録要素の点で写真に勝ることが難しくなり、その意義を人類は問い続けました。 1900年代初頭、一部の天才等は記録要素のない抽象芸術に到達しました。 この偉大な発見により、私たちは絵画の本来の本質を見出すことができたと考えています。

「何を描いてもいい」 これは素晴らしいことではありませんか?