​三堂信博 ( Nobxhiro Santana )

2015年に進化したタッチパネルとペイントアプリの存在を知り、

Facebook上でNobxhiro Santanaのペンネームでデジタル作品の投稿を始める。

2016年 “PERSPECTIVEOF Communication” (ON LINEの国際コンペティション)入選。

2017年“PERSPECTIVEOF Possibility” (ON LINEの国際コンペティション)入選。

同年 “Art WALL 101 Posters Exhibition”(国際絵画展ハンガリー、ブタペスト)参加。

2018年ギャラリー檜による “写真による” 参加。

同年ドイツEINE ART GALERIEにアーティストメンバーとして参加(継続中)。

2019年ギャラリー檜による “写真による” 参加。2019年 “三堂信博個展” 於ギャラリー檜。

同年ギャラリー檜による “層と層のあいだ” 参加。

同年ギャラリー檜による “写真による” 参加。

2020年アメリカのカーターカプラン博士著 “Octo-Emanations” の表紙にデザインが採用される。

本中には三堂のステートメントと白黒にて絵画作品13点が収録される。

同年ドイツEINE ART GALERIEによる国際展参加。

同年 “OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopje 2020” 於北マケドニアのスコピエに参加、入選およびファイナリストに選出される。

2021年 “三堂信博個展” 於ギャラリー檜。

同年AIAPI Arti Visive IAA AIAP Unesco “HUMAN RIGHT? @WORK-Exhibition“ に入選。

同展はイタリア ロヴェレートにて開催中(2021年6月5日〜10月5日)。